出展者情報
NPO法人 日本セラピューティック・ケア協会
団体紹介
セラピューティック・ケアは1996年に英国赤十字社で確立された両手のぬくもりだけでこころと身体に安らぎをもたらすスキルです。1999年秋吉美千代理事長が渡英の際、このケアの考案者よりぜひ日本でも広めてほしいとテキスト一式を託され18年。ゼロから普及に取り組み、講座や講習会を通してこれまでに北海道から沖縄まで35,000人以上が学ばれ日本中に広がりつつあります。日本では、緩和ケア病棟・ホスピスや介護施設への訪問ボランティアだけでなく、生老病死すべての場面において活用されています。このケアを次世代へ、さらにその先へと発展させていきたく活動しています。
出展内容
■セラピューティック・ケア体験(有料→1手技500円) ■協会紹介ビデオ放映・パネル・ポスター展示による活動紹介 ■講習会・講座案内・講習会教材等の販売