家族や友達と楽しみながら防災知識が身につくイベントです。

「イザ!カエルキャラバン!」は、地域の防災訓練プログラムとおもちゃ交換会「かえっこバザール」を組み合わせた防災イベント。子どもたちが遊びの延長で防災の知識を身につけられる活動です。2005年にスタートし、いまではさまざまな企業や団体と協力し、全国各地で開催しています。
「ふくおか“できる”マーケット2017」では、イザ!カエルキャラバンを通して、防災について「知識」だけでなく、災害時に役立つ「技」を身につけるとともに、災害について考える機会をつくります。









家族で楽しみながら学ぶ防災体験プログラム

阪神・淡路大震災の教訓を基に開発されたプログラムで、ゲーム感覚で楽しみながら「消火」「救出」「救護」など、震災時に必要な「技」や「知恵」を身につけてもらう新しい防災訓練システムが「イザ!カエルキャラバン」。
防災プログラムを体験すると、おもちゃの交換会「かえっこバザール」で使える「カエルポイント」がもらえ、好きなおもちゃをゲットできます。




いらなくなったおもちゃを「かえっこバンク」に持ってくると、「カエルポイント」に換えることができます。

集まったおもちゃは会場に並べられ、「カエルポイント」でおもちゃと交換することができます。

おもちゃを持ってきていない子どもも「防災プログラム」を体験することで「カエルポイント」がもらえます。

人気の高いおもちゃは「オークション」にかけられ、集めたポイントで手に入れることができます。




どんな防災訓練をするの?

「イザ!」というときに役立つ防災訓練のプログラムがたくさん!

1995年の阪神・淡路大震災、2011年の東日本大震災で被災された方々の声をもとに、開発・改良された各防災訓練プログラムは、「楽しい!」だけでなく、万が一の震災時に役立つ実践的な内容になっています。




水消火器で的あてゲーム①

ジャッキアップゲーム

毛布で担架タイムトライアル

持ち出し品なぁに?クイズ

水害紙芝居「おおあめとぼくのゆめ」

紙食器をつくろう


イザ!カエルキャラバンについて詳しく知りたい方はこちら! >>




さあ、おもちゃを持って、「イザ!カエルキャラバン」に行こう!